メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第25話「未来へ」

とうとうメジャー最終回を迎えました。

残念ながら続編はありません。来シーズンはきっとメジャーで105マイルの速球を投げ込んでくれるでしょう。その前に清水と結婚しそうだが・・・・



ソフィアの厳しい管理のもとでリハビリを続けた吾郎に、ようやく日本への帰国許可

が出た。来年こそワールドチャンピオンになると誓い、アメリカを去る吾郎。

帰国当日、さっそく吾郎に会いたいと自宅を訪ねた清水は、吾郎にも隠して日本へやって来たソフィアの姿を目にして動転……。さらに清水とのデートまで監視され、我慢の限界を超えた吾郎は、「絶対勝手なトレーニングはしないと約束するから、アメリカへ帰ってくれ」とソフィアに頼みこむ。それを聞いたソフィアは、だが、清水に対して思いがけない言葉を……!?



posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第23話「限界を超えて」

また無理しちゃって、キーンの言うとおり、来シーズンから先のことを考えて行動する方がメジャー流と違いますかね。



さて、あと放送は3回、試合はどうなる?



ホーネッツとコヨーテスの優勝決定戦は、ついに延長に入った。吾郎とコヨーテスのクローザー、スプリンガーは、どちらも譲らぬ熱投を続け、延長11回表が終わった時点で、吾郎は9人の打者から連続三振を取っていた。メジャーの連続奪三振記録は「10」、あと1人でタイ記録となる。

吾郎の体を心配して球場にかけつけたエミリーや、日本で応援している皆が見守る中、吾郎は左腕に爆弾をかかえたまま、12回表、記録をかけたマウンドに上がる……。

果たして吾郎は勝利をつかみ、ホーネッツに悲願の優勝をもたらすことができるか!?



posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第22話「残されたチャンス」

あと2回でメジャーが終りますね。いよいよ吾郎の登板ですが・・・



ホーネッツとコヨーテスの優勝決定戦、もう1点もやれない場面で登板した吾郎。だが、投げ込み不足で球は走らず、ノーアウト満塁のピンチでシルヴァと対決することに。

この勝負はかろうじて乗り切った吾郎だが、キーンが血行障害に気づいてしまった。「お前の行為は身勝手な自己満足に過ぎない」と降板を迫るキーン。

吾郎の本心を聞いたキーンは、続投を黙認する代わりに、1人でもランナーを出したら交代しろと条件を付ける。

2点差のまま9回裏になり、パンサーズのマウンドには、リーグセーブ王で不動のクローザー、スプリンガーが上がる。この厳しい状況下で、ホーネッツの最後の攻撃は……!?



posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第21話「諦めるな!」

相変わらず無茶ばかりしている吾郎、左肩まで壊れたら野球できないのに。

ま、それが吾郎の野球かもしれませんが・・・



来週はいよいよ最終戦に



ホーネッツ対コヨーテス、ノーザンリーグ中地区の地区優勝をかけたシーズン最終戦が始まった。5回を終わって両チーム無得点、緊迫した試合は、だが6回、コヨーテスの主砲・シルヴァのソロホームランをきっかけに、一気に動き出す。

打者一巡の猛攻で、一挙に8点を取ったコヨーテス。吾郎にも一瞬、あきらめの気持ちが芽生える。キーンをはじめホーネッツナインも皆、緊張の糸が切れたプレーを見せ始める。

ホーネッツの中継ぎ投手・クラークは、大差のついた試合でコヨーテスのランナーが盗塁をしたのはタブーだと怒り、死球を投げてしまう。それを見たワッツは、突然ブルペンを出てマウンドに向かう……。







posted by major | あらすじ

 メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第20話「そこにある夢」

おいおい、吾郎まで壊れたら、クローザー居なくなえしまうんじゃ?

無理して投げて左肩まで壊したらピッチャー生命終わりジャン。

でも投げるんでしょうね。



優勝がかかった残り試合でのクローザーを命じられた吾郎は、オリバーに頼んで、外部のスポーツ専門医を紹介してもらう。こうして吾郎が訪ねた医師・エミリーは、ホーネッツの大ファンだった。

――だが、診断の結果は、血行障害。手術をすれば治るが、今シーズンはもう投げられないと言われた吾郎は、黙って病院を後にする。

ホーネッツとコヨーテスの直接対決最終戦は、雨で中止となり、シーズン最終戦に日程が変更される。その後、両チームとも3連勝して、残りはともに4試合。ホーネッツの次の相手・タイタンズは強打のチーム。この大事なときに休んでいられるかと、チームには症状を隠したまま吾郎が練習をしていると、球場にエミリーが現れる……。



posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第18話「らしくねえ」

今日の話は、どうでもいいような内容でしたね。

ま、吾郎が人形でもぶつけたくない気持ちは、十分りかいできましたが・・・



メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第18話「らしくねえ」



再び首位・コヨーテスに2ゲーム差まで詰め寄った好調・ホーネッツ。中でも特にロイが燃えているわけは、3Aのメンフィス・バッツが2年連続で地区優勝したことにあった。バッツでは、ロイと同期で入団したケロッグが、チームを引っ張る大活躍をしていたのだ。

そして今年もロースター枠拡大の日となり、バッツでは、ケサダ、バトラー、そしてケロッグがメジャー昇格を言い渡される。

ほどなくホーネッツに、メジャー昇格組が合流してきた。吾郎やダンストン、サンダースが歓迎する中、ロイがケロッグがいない理由を尋ねると……。



posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第15話「ウイークポイント」

マードックがようやく打ててよかったのか?不協和音を生み出す選手は、要らないよね。まあ、フォア ザ チーム で頑張ってくれればいいけど・・・・


メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第15話「ウイークポイント」

マードックがチームになじみ始め、キーンもけがから復帰して、ふたたび連勝を続けるホーネッツ。
吾郎の次の登板は、かつて所属していたサーモンズ戦。試合前、サンチェスやフォックスに声をかけた吾郎は、だが、冷たくあしらわれる。また、ネルソンも、サーモンズで1番を打つ日本人選手・坂口に何か思うところがあるらしい。
腹をたてたまま登板した吾郎は、初回、坂口に粘られて出塁を許してしまう。4番・ボルトンにもフォアボールを与え、キーンに「冷静になれ」と注意される始末。
ホーネッツ打線は、立ち上がり不安定な先発・サンチェスを打って先制したものの、フォックスのリードでサンチェスが立ち直ったあとは、淡泊な攻撃で追加点が取れない。
一方、粘り強く攻め続けたサーモンズ打線は、7回、疲れた吾郎相手にツーアウト満塁のチャンスを迎え……。


posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第14話「エースの責任」

チームの調子がいい時は打線をいじらないのが鉄則なのに、妙なのを入れたばかりにチームがガタガタになっちゃいましたね。
で、来週はそのマードックが目を覚ましそうですが・・・・
タイトルだけ見ると吾郎がいつの間にかエースになってる?まあいいか。

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第14話「エースの責任」

相変わらずギクシャクしているホーネッツナイン。だが吾郎だけは、マードックにリズムを崩されながらも、ひとり力投を続ける。連敗中に中継ぎ投手が酷使されていたのを知る吾郎は、自分が不調だった前半戦で助けてもらった借りをここで返さなければ、と燃えていた。その姿を見て、吾郎のことばをはじめて真剣に受け止め始めるマードック。
ついにホーネッツ中継ぎ陣から1点を奪ったパンサーズは、最終回に守護神・デルモンテを投入。しかし、ホーネッツもねばってツーアウト2塁。ここでパンサーズは、またも4番パーカーを敬遠してマードックとの勝負を選ぶ。やむなく代打を告げようとしたステーシー監督。そのとき、吾郎がマードックに声をかけた!


posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第13話「負の連鎖」

オーナーは何を考えているんでしょうね?チーム状態がいい時はメンバーを変えない鉄則なのに・・・

チームメイト同士の乱闘によるキーンの負傷をきっかけに、チーム内で孤立してしまったマードック。しかし、「マードックが故意にエラーしたかどうかはわからない」というワッツのことばが気になった吾郎は、直接話をしようとマードックの部屋をたずねて、妻のコニーと娘のサンディに出会う。
一方、キーンのけがに怒ったオーナーからマードックをスタメンから外すよう圧力を受けたステーシー監督は、「次の試合が最後のチャンスだ」とマードックに伝える。
チームがおかしくなったのは疫病神マードックのせいだと責めるホーネッツナインの中で、ワッツだけは「連敗はチーム全員の責任だ」と擁護する。その理由を尋ねた吾郎に、ワッツはマードックの過去を話し始める。


posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第12話「暗黙のルール」

スランプはつきものですが、ワンマンオーナーに監督が頭が上がらないのがどうなのかな?スタインブレーナーとか渡辺恒夫みたいなもんか・・・来週は変なのが来るようですね。

チームの快進撃がつづき、首位のコヨーテスに2ゲーム差まで迫ったホーネッツ。そんな中、ひとりの選手がトレードで加入してきた。
その選手、マイク・マードックは、多くの球団を渡り歩いて数々のトラブルを起こし、「荒くれマードック」と呼ばれる問題児。チームの面々が恐れる中、キーンやワッツは吾郎はといえば、「自分も問題児扱いされてきたから」と意に介さない。
チームに合流した翌日、吾郎が先発した試合で、マードックはいきなり自分勝手で危険なプレーをみせる。また、自分がデッドボールを受けると、その報復で相手選手にもデッドボールを投げろと吾郎に要求。拒否した吾郎を「腰抜け」と呼び、さらに、故意にエラーをしたかのようなプレーをする。それをみて怒った吾郎は……。


posted by major | あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。