メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第15話「ウイークポイント」

マードックがようやく打ててよかったのか?不協和音を生み出す選手は、要らないよね。まあ、フォア ザ チーム で頑張ってくれればいいけど・・・・


メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第15話「ウイークポイント」

マードックがチームになじみ始め、キーンもけがから復帰して、ふたたび連勝を続けるホーネッツ。
吾郎の次の登板は、かつて所属していたサーモンズ戦。試合前、サンチェスやフォックスに声をかけた吾郎は、だが、冷たくあしらわれる。また、ネルソンも、サーモンズで1番を打つ日本人選手・坂口に何か思うところがあるらしい。
腹をたてたまま登板した吾郎は、初回、坂口に粘られて出塁を許してしまう。4番・ボルトンにもフォアボールを与え、キーンに「冷静になれ」と注意される始末。
ホーネッツ打線は、立ち上がり不安定な先発・サンチェスを打って先制したものの、フォックスのリードでサンチェスが立ち直ったあとは、淡泊な攻撃で追加点が取れない。
一方、粘り強く攻め続けたサーモンズ打線は、7回、疲れた吾郎相手にツーアウト満塁のチャンスを迎え……。
posted by major | あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。