メジャー、NHKアニメ第6シリーズ第22話「残されたチャンス」

あと2回でメジャーが終りますね。いよいよ吾郎の登板ですが・・・



ホーネッツとコヨーテスの優勝決定戦、もう1点もやれない場面で登板した吾郎。だが、投げ込み不足で球は走らず、ノーアウト満塁のピンチでシルヴァと対決することに。

この勝負はかろうじて乗り切った吾郎だが、キーンが血行障害に気づいてしまった。「お前の行為は身勝手な自己満足に過ぎない」と降板を迫るキーン。

吾郎の本心を聞いたキーンは、続投を黙認する代わりに、1人でもランナーを出したら交代しろと条件を付ける。

2点差のまま9回裏になり、パンサーズのマウンドには、リーグセーブ王で不動のクローザー、スプリンガーが上がる。この厳しい状況下で、ホーネッツの最後の攻撃は……!?

posted by major | あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。