メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第3話「代表集結」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第3話「代表集結」

出会いから10年。ついに、吾郎から告白された清水。しかし、友だちから吾郎とのつきあい方が恋人同士に見えないと指摘されてしまう。そこでさっそく、デートの約束をしようと電話をするが……。
そのころ吾郎は、日本代表チームの合宿にバッティングピッチャーとして乗り込む決意を固めていた。寿也と約束したトレーニングに出かけようとすると、家まで会いにきた清水とばったり。先約があると知ってがっかりした清水だが、吾郎に「いっしょに行くか?」と誘われて――。

posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

6月28日(土)教育テレビで、第4シリーズ第24、25話を再放送する予定です。

6月28日(土)教育テレビで、第4シリーズ第24、25話を再放送する予定です。
午後3:45〜4:09:30 第24話「偉大な男」
午後4:09:30〜4:34 第25話「本物の好敵手」
7月5日より、第4シリーズを再放送する予定です。

posted by major | 日記

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第25話 本物の好敵手

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第25話 本物の好敵手

メンフィス・バッツ対ファルコンズのプレーオフ最終戦。5回裏、ツーアウト満塁からギブソン・ジュニアをかろうじて打ち取った吾郎。次の6回表、バッツのチャンスで吾郎に打席が回ってきた。サンダースのアドバイスを受け、吾郎のバッティングセンスに賭けるカーター監督。その結果は!! そして、この球場に父・ギブソンが来ていると吾郎に教えるジュニア。それに対して吾郎が言ったことばは、だが、ジュニアが予想もしないものだった。ジュニアは、吾郎と自分の野球にかける思いが、まったく異なるものだということに気付く……。。

posted by major | 日記

メジャー、NHKアニメ、第4シリーズ第13話 バカな賭

第13話  バカな賭け 3月29日(土)午後6時〜

メンフィス・バッツはついに東地区首位となり、吾郎も19セーブを記録。日本でそのニュースを知った寿也は、ウォリアーズの監督に呼ばれ、初めてのスタメンマスクを命じられる。思いがけないチャンスに、ファイトをみなぎらせる寿也――。
いよいよ首位攻防のロケッツ戦。試合前にバッツの選手たちが盛り上がっていると、カーター監督がやってきて、新人を紹介した。その選手、ジェフ・キーンは、バッツの親球団・ホーネッツに今年ドラフト1位で入ったゴールデン・ルーキーのキャッチャー! とんとん拍子に、ダブルAから昇格してきたのだ。そしてカーターは、サンダースに向かって「今日からお前さんは控えに回ってもらう」と言い渡す……。

posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャーNHKアニメ第3シリーズ第14話

第14話 意地vs意地 10月20日(土)午後6:00〜

三船戦、6回裏、ノーアウトで2塁に小森。次の山根は意表をつくプッシュバント。さらに2塁へ向かった山根を見て、後を追いかけた藤井は山根をタッチアウトにとる。得意げな藤井―だが次の瞬間、ぼう然となる…。
致命的な4点目を取られた聖秀。8回表の上位打線に望みをかける。大河、内山の連続安打でノーアウト1、2塁としたものの、頼みの田代がダブルプレーとなり、ツーアウト3塁。ここで落ち込んだまま打席に入った藤井だが、中村のことばを受けて気合いを入れ直す。こん身の一打は、ピッチャー山根を直撃し…!?




posted by major | 日記

メジャーNHKアニメ第3シリーズ第13話

第13話 白熱!三船戦 2007年10月14日

三船戦、4回裏。三船高校は積極的に攻撃に出て、セーフティバントにヒットエンドラン、小森の犠牲フライで手堅く1点を先取する。さらに山根の一打を浴び、また集中力が切れてしまった大河だが…。
5回表の聖秀の攻撃。先頭バッターの宮崎が粘った末、フォアボールで出塁する。送りバントとデッドボールでツーアウト1、2塁になったところで打席には大河が。チームのあきらめない気持ちを感じ取った大河の一打はヒットに。だが、ホームに突っ込んだ宮崎は残念ながらアウト。
そして、クロスプレーで落としたメガネを割ってしまった宮崎に代わり、吾郎が出場する…。



posted by major | 日記

メジャー、NHKアニメ第3シリーズ第11話

 メジャーには、ジャイロボーラーがたくさん出てくるけど、ジャイロボールはスライダーの変形みたいなもので、本当に投げようと思って投げれピッチャーはいるのかな?


第11話 手負いのエース 9月29日(土)午後6:00〜

予選1回戦。やる気のない大河の代打に出た吾郎は、「自分をベンチに下げて、あと2回誰が投げるのか?」とふてくされる大河に、自分が投げると言う。「右足がそんな状態でまともなピッチングができるのか?」と疑う大河に、「できるかできないかじゃない。やるかやらないかのどちらかだ」と断言する吾郎。
8回表は抑えたものの、吾郎の足の状態はかなり悪くなっていた。気付いて心配する田代にすら、本音を見せない吾郎。だが、対戦相手・陽花高校の監督は、吾郎の状態を見抜いていた…。




posted by major | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

メジャー、NHKアニメ第3シリーズ第11話

 メジャーには、ジャイロボーラーがたくさん出てくるけど、ジャイロボールはスライダーの変形みたいなもので、本当に投げようと思って投げれピッチャーはいるのかな?


第11話 手負いのエース 9月29日(土)午後6:00〜

予選1回戦。やる気のない大河の代打に出た吾郎は、「自分をベンチに下げて、あと2回誰が投げるのか?」とふてくされる大河に、自分が投げると言う。「右足がそんな状態でまともなピッチングができるのか?」と疑う大河に、「できるかできないかじゃない。やるかやらないかのどちらかだ」と断言する吾郎。
8回表は抑えたものの、吾郎の足の状態はかなり悪くなっていた。気付いて心配する田代にすら、本音を見せない吾郎。だが、対戦相手・陽花高校の監督は、吾郎の状態を見抜いていた…。




posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャー、NHKアニメ第3シリーズ第11話

 メジャーには、ジャイロボーラーがたくさん出てくるけど、ジャイロボールはスライダーの変形みたいなもので、本当に投げようと思って投げれピッチャーはいるのかな?


第11話 手負いのエース 9月29日(土)午後6:00〜

予選1回戦。やる気のない大河の代打に出た吾郎は、「自分をベンチに下げて、あと2回誰が投げるのか?」とふてくされる大河に、自分が投げると言う。「右足がそんな状態でまともなピッチングができるのか?」と疑う大河に、「できるかできないかじゃない。やるかやらないかのどちらかだ」と断言する吾郎。
8回表は抑えたものの、吾郎の足の状態はかなり悪くなっていた。気付いて心配する田代にすら、本音を見せない吾郎。だが、対戦相手・陽花高校の監督は、吾郎の状態を見抜いていた…。




posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャー NHKアニメ 第3シリーズ第10話

第10話 伝染する闘志 9月22日(土)午後6:00〜 )

夏の大会予選の組み合わせが決まった。1回戦の対戦相手・陽花は、強いとはいえないチーム。吾郎を温存しても勝てそうだと喜ぶ聖秀ナイン。
そこへ吾郎がやってきた。一見、完全に回復したような速球を投げ込む吾郎だが、顧問の山田は、1回戦の先発は大河にすると告げる。抗議する吾郎に、「医師から診断書をもらってきたら、先発させてもいい」と言う山田。何も言い返せない吾郎。
試合の日の朝。「どうせ投げられないのだから」とごねている吾郎を、藤井と田代が無理矢理球場へ連れて行く。球場で、山田が吾郎に言ったことばは…。

posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャー NHKアニメ 第3シリーズ第9話

第9話 エース不在 9月15日(土)午後6:00


海堂2軍との練習試合中、1塁ベース上のクロスプレーで足にケガをした吾郎。医師の診断結果は、厳しいものだった。全治3か月、もちろん夏の大会予選出場は絶望というのだ。
吾郎の病室に、江頭が見舞いにやってきた。うわべは「お気の毒に」と言う江頭に向かって、吾郎は自分の決意をキッパリと宣言する。
聖秀高校では、吾郎のケガの状態を知ったナインががっくりしていた。そのまま帰ろうとする藤井を、中村が「誰も見舞いに行かないのは冷たい」と責める。ひとりで病院に行った中村は、病室でトレーニングする吾郎の姿を見て…。



posted by major | 日記

メジャー NHKアニメ 第3シリーズ第7話

第4シリーズ、まだかなあ。


第7話 突然の訪問者 9月1日(土)午後6:00〜


やる気を試した茂野のテストに、全員合格した聖秀の選手たち。翌年の春までに大会予選を勝ち抜けるチームにするため、茂野と樫本のコーチのもと、猛練習が始まった。
そんなある日、グラウンドに見知らぬ少年が現れる。練習を見ていた少年に「草野球以下」だと言われて腹をたてる藤井。さらに少年は、吾郎に勝負を申し出る。自分を三振を取れたら、ここに来た目的を教える、と言うのだ。
挑発に怒った吾郎の全力投球を、少年は打ち返す。そこへ清水がやってきて、少年に「もう来てたのか」と語りかける

 2008年1月より第4シリーズ放送開始予定!

posted by major | 日記

メジャーNHKアニメ、今週こそ

高校野球のせいで、なかなか放送されませんね。

今週は大丈夫でしょう。

8月25日(土)午後6:00〜 第6話 それぞれの選択

グラウンドを完成させた吾郎たちの前に、突然、臨時コーチとして吾郎の父・茂野と横浜リトル監督・樫本が現れる。樫本が選手たちに有無を言わせずノックを始め、茂野は「やる気がないやつはやめろ」と言い放つ。それを聞いた藤井以外の6人は、グラウンドを立ち去ってしまう。
無茶なやり方に抗議する吾郎に、茂野は「自分以外に守るべきものがない人間に栄光はつかめない」と諭す。意味が分からない吾郎。
意気消沈した吾郎は、近所のバッティングセンターで1年生の3人が遊んでいるのを目にする。「野球が嫌いでやめたんじゃないのか?」と聞く吾郎に、3人の答えは…。




posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャーNHKアニメ今週は休みです。

第3シリーズ第6話は、8月25日放送予定です。
今週は高校野球のため放送がありません。

第6話 それぞれの選択

グラウンドを完成させた吾郎たちの前に、突然、臨時コーチとして吾郎の父・茂野と横浜リトル監督・樫本が現れる。樫本が選手たちに有無を言わせずノックを始め、茂野は「やる気がないやつはやめろ」と言い放つ。それを聞いた藤井以外の6人は、グラウンドを立ち去ってしまう。
無茶なやり方に抗議する吾郎に、茂野は「自分以外に守るべきものがない人間に栄光はつかめない」と諭す。意味が分からない吾郎。
意気消沈した吾郎は、近所のバッティングセンターで1年生の3人が遊んでいるのを目にする。「野球が嫌いでやめたんじゃないのか?」と聞く吾郎に、3人の答えは…。



posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHKアニメ、メジャー、次の目標は?

負けちゃいましたね、残念!
次回は、

第26話 夢の舞台へ  6月30日(土)午後6:00〜

 激闘12回、打倒海堂という吾郎の大きな挑戦は終わった。海堂高校は夏の甲子園で順当に優勝する。それをテレビで見ていた吾郎を、田代が夏祭りに誘い出す。
 藤井たち聖秀ナイン、そして清水といっしょに祭りを楽しむ吾郎。清水に進路をどうするか聞かれた吾郎は「足を治して、来年プロテストを受ける」と、相変わらず野球本位。
 そんな吾郎に朗報が。ブルーオーシャンズが吾郎をドラフトで指名する方針らしい。久しぶりに吾郎と再会してそれを聞いた寿也は、「またプロで勝負ができる」と喜ぶ。だが、メジャー300勝を達成したギブソンがインタビューで語ったことばを聞いた吾郎は…。

これからの放送予定は、

7月7日より第3シリーズを再放送、
2008年1月より第4シリーズを放送開始。




posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHKアニメ、メジャー ちょっとすっきり

なんで、江頭が威張っているのかわからなかったけど、ちょっとすっきりしました。

来週は?

第25話 傷だらけのエース 6月23日(土)午後6:00〜

延長に入った海堂戦。だが、審判が「吾郎の足の状態によっては、登板を認めない」と告げる。控え選手のいない聖秀にとって、それは棄権を意味する。
吾郎の姿を見かねて棄権しようという田代に、「海堂を倒すために自分がやってきたわがままの責任を、まだ果たしていない」と言う吾郎。それを聞いた山田監督は、「本人の意思を尊重してやってほしい」と審判に言う。
吾郎の態度が理解できないまま打席に立った田代。だが、眉村と対戦するうち、最後まで勝負をあきらめない気持ちを思い出す。
一方、観戦している小森と清水は、あの横浜リトル戦の吾郎を思い出す。見ていられず席を立った清水は、桃子に出会う…。




posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHKアニメ、メジャー・・次は?

江頭って嫌な奴で、なんで威張ってんの?


第24話 策謀の結末 6月16日(土)午後6:00〜

海堂高校を相手に、ついに1点リードした聖秀。そして海堂は、眉村を登板させる。打席に立った吾郎は、眉村との勝負に燃えるが…。
9回裏、聖秀の勝利まであと3人。追いつめられた海堂は、江頭が選手たちを責め、バント作戦の徹底を命じる。だが、寿也はその指示に真っ向から逆らう。そんな寿也に、野球部からの除名を宣告する江頭。
泉のバントを処理できず、ランナーを出してしまった吾郎。次のバッター・眉村は「どんな手でも、勝つために確率の高いほうを選ぶのが海堂野球だ」と言うが、江頭のバント命令には従わず、ヒッティングをする…。

あ〜あ、また追いつかれちゃうよ〜。


posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャーNHKアニメ、やったね藤井

高校生になると、ナックル投げるやつがいるんだよね。
メジャー(大リーグ)では、ウェイクフィールドが有名で、日本では広島のフェルナンデスが投げるのかな。
サッカーの本田圭が蹴るような無回転ボールで、風任せで何処に行くか分からないボールだよね。投げ方は、手のひらにボールを包むパームボールの握りで、人指し指から薬指をボールにたてて指で押し出すように投げると、おもしろい変化球になるよ。
あたらない、とばない、こんなの藤井がよく打ったね。
ということで、来週の予告

第23話 ギリギリの戦い 6月9日(土)午後6:00〜

抜け球を狙っていた寿也だが、田代に言ったひとことが吾郎の隠れた力を引き出した――。抜け球を投げなくなった吾郎に、さすがの海堂打線も沈黙。一方の聖秀もナックルボールに手が出ず、試合は同点のまま投手戦の様相に。
だが、7回裏、聖秀側の守備が乱れ、ノーアウト満塁のピンチ。バッター・渡嘉敷にスクイズのサインを出す江頭。しかし、かつて眉村に言われた「バントがどうした? 嫌ならさせるな」という言葉をおぼえていた吾郎は……!
次の3番・薬師寺の打球も大河のファインプレーに阻まれ、海堂はこの回も無得点。ついに、眉村が投球練習を始める――。





posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メジャー、来週の予告

第21話 寿也の秘策 5月26日(土)午後6:00〜

海堂の先発・市原の調子を乱そうとした大河だが、海堂のほうが一枚上手だった。試合は0対1で海堂リードのまま、3回裏、草野が初ヒットで出塁する。またまたあっさり盗塁されてしまいワンアウト3塁。前回のバウンド投球はすでに読まれている。吾郎と田代が取った作戦は……?
薬師寺のヒットでツーアウト1・3塁。ふたたび4番・寿也との対決。その寿也はボール球ばかり打ってファールを連発。不審に思う田代に対して、意に介しない吾郎だが――寿也には、吾郎の投球を分析した秘策があった!!

この試合の結果は知っているけど、ひみつ


posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。