メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第8話「それぞれの思い」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第8話「それぞれの思い」

突然の招集を受けた吾郎に置いてかれた清水。吾郎からの連絡を受け、急いでロスへと向かう。そのころ、吾郎が代表チームに参加するというニュースは、日本にも伝わっていた。大河、藤井、田代、小森……それぞれが、それぞれの思いでこのニュースを受けとめる。
いよいよ、ワールド・カップの二次リーグが開幕! 吾郎たち日本代表の初戦より2日早く、アメリカ代表チームの試合が始まる。アメリカの先発投手は、ジョー・ギブソン。そしてアメリカチームには、もうひとり、吾郎がよく知る選手が加わっていた。さらに闘志を燃やす吾郎。
――ところが、ギブソンの調子がピリっとしない。アメリカ打線の攻撃も淡泊で、相手のカナダ代表チームに先制されてしまう……。

posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第7話「突然の通達」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第7話「突然の通達」

「私もアメリカに行く」と宣言した清水。吾郎がメジャー昇格をかけてキャンプをしているフロリダまで、ひとりでやってきた。ところが、レンタカーでキャンプ地まで移動している途中、車が故障してしまう。あたりに何もない場所で、清水は助けを求めて歩き始める――。
なんとか吾郎に会うことができた清水。だが、その吾郎はどこか冷たい。清水が「旅費が厳しいから居候させて」と切り出すと、吾郎は「オレは遊びに来てるんじゃねぇ」と怒り出してしまう。そんな吾郎に、清水はここに来た自分の気持ちを……。

posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第6話「無欲の直球(ストレート)」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第6話「無欲の直球(ストレート)」
日本代表との練習試合に登板した吾郎。寿也が自分のストレートを信じてくれないことにいらだった吾郎は、寿也の要求とは逆コースの球を投げる。寿也も、そんな吾郎のキャッチャーを軽視する態度に腹を立て、バッテリーの息はまったく合わない。
だが、そんな2人を見ていた薬師寺に言われたひとことで、寿也は冷静さを取り戻す。そして、吾郎の良さを引き出そうと、ストレートを活かす組み立てを考える。
日本代表チームの強打者を打ち取るため、寿也はインコース高めのブラッシュボールを吾郎に要求。それを見た吾郎は――。

posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第5話「ヤングジャパン」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第5話「ヤングジャパン」

いよいよ日本代表と若手選抜チームとの練習試合の日。佐々木監督の「この試合に勝ったら、若手選抜を日本代表の主力にする」という宣言に、気合いが入る寿也たち。吾郎も“ジャイロフォーク”という新しい武器を手に試合にのぞむ。
先攻の若手チームは、ワンアウト1・2塁のチャンスで4番の寿也が打席に。ピッチャー・原田からライト前ヒットを打った寿也だが、京四郎のスーパープレイに得点をはばまれる。
若手チームの先発は香取。吾郎は、自分もかつて苦しめられた香取の決め球・高速スライダーに期待するが、先頭打者の京四郎は、その決め球を狙ってきた!

posted by major | Comment(5) | TrackBack(0) | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第4話「試行錯誤」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第4話「試行錯誤」

京四郎との勝負で簡単に打たれ、「ボールが死んでいる」と指摘されたことにショックを受けた吾郎。ストレート一本にこだわってきた吾郎だが、ついに変化球をおぼえる決心をする。
しかし、サウスポーになって以来、吾郎は変化球を投げたくてもおぼえられなかったのだ。実際、かつて横浜リトル戦では強力な武器になったチェンジアップを練習してみても、うまく投げられない……。
そんなとき、日本代表の4番・板尾のバッティング練習に呼ばれた吾郎。その吾郎に、根本は「投手は打たれてこそわかることがある」と謎めいたアドバイスをする。

posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第2話「二人の温度差」

メジャー、NHKアニメ第5シリーズ第2話 1月17日18時〜

清水とコンサートに行く約束をすっぽかした吾郎。ショックの清水とは裏腹に、自分がしたことを何とも思っていなかった吾郎だが、大河に指摘されたひと言で急に気になり、清水に会いに行く。そこで初めて、清水が友情以上の気持ちをもっていることに気づく。
そして吾郎もまた、清水をひとりの女性として意識し始める。その夜、「日本代表チームの練習相手となる若手選抜に、吾郎は参加できなくなった」と父から謝られても、すっかり上の空。
翌日、聖秀高校でトレーニングをしていた吾郎の元へ、意外な人物がやってきた。そのアドバイスを聞いて、吾郎がとった行動は……。


posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ、第5シリーズ始動

「メジャー」NHKアニメの第5シリーズが始まりました。

第5シリーズは、吾郎が所属するアメリカの3Aチーム、メンフィス・バッツでみごと優勝を果たし、日本に帰国したところから始まります。1年ぶりに吾郎に会える、と喜んだのは清水。さっそく吾郎に会いに行きますが……。これが、10年にわたる2人の微妙な関係を変えるきっかけになるのでした。

一方、アメリカで野球の世界一を決めるワールド・カップが開かれることを知り、新しい目標を見つけた吾郎。まだメジャー・リーガーではない吾郎が、どうにかして日本代表チームに入り、大会に参加するために選んだ作戦とは!?

そして――ワールド・カップの二次リーグで戦う吾郎と日本代表チームの前に立ちはだかる、世界各国の代表たち。中南米の強豪、ベネズエラとドミニカ、一次リーグで日本に負けた雪辱を期す韓国。どのチームも気が抜けない相手ばかり。そんな強敵ぞろいの二次リーグを勝ち抜けば、その先には――そう。世界の頂点に立つアメリカチーム、あのジョー・ギブソンとジュニア親子が待っているのです。果たして吾郎は、リトル以来念願の、ギブソンとの対決のマウンドに上がることができるでしょうか??

黄金バッテリーを復活させた寿也、吾郎の良きライバル・眉村など、おなじみの面々も続々と登場します。もちろん、日本代表のコーチになる吾郎の父・茂野、頼りになる母・桃子は、いつも吾郎を厳しく、そして強くサポート。

いよいよ、吾郎にとって最大の挑戦が始まります! どうぞ、お楽しみに(全25話)

なお、第5シリーズ第1話「ふたたび」は、1月17日16時NHK教育で再放送されます。


posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第26話 誓い<終>

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第26話 誓い<終>

プレーオフ最終戦の9回表。サンダースの起死回生のホームランで同点としたメンフィス・バッツ。ギブソン・ジュニアに打たれ落ち込んでいた吾郎も気力を取り戻し、その裏をしっかり抑える。
延長10回表。ファルコンズのクローザー相手にファールで粘る吾郎。それが思いがけない結果を呼ぶ…!
だが、この試合すでに6イニング目となる吾郎の球威は落ちてきていた。そして10回裏、みたびギブソン・ジュニアを打席に迎えることに…。

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第24話 偉大なる男

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第24話 偉大なる男

メジャー球団・レイダースに昇格したギブソン・ジュニア。だが、吾郎との勝負の決着がついていないことが引っかかり、ノーヒットを続けていた。そんなとき、ケガをした吾郎が早くも復帰登板したことを知る。一転、快音を響かせ始めるジュニア。一方、メンフィス・バッツの2勝3敗で迎えたプレーオフ第6戦。負ければ終わりというこの試合でも、吾郎は見事なクローザーぶりを見せ、バッツは3勝3敗のタイに持ち込む。いよいよ最終戦。ファルコンズのスタメンにふたたびジュニアがいるのを見た吾郎。お互いに闘志を燃やす2人。そして、決戦を前にした球場に、ひとりの男が現れた……。

posted by major | Comment(0) | TrackBack(7) | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第23話 もう一つの決戦

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第23話 もう一つの決戦

吾郎とギブソン・ジュニアが、再戦を約束していた同じころ。日本のプロ野球は、ウォリアーズが優勝に王手をかけていた。だが、ここへきてブルーオーシャンズ3連戦に連敗。3戦目に本拠地での胴上げをかけることになった。オーシャンズの先発投手は、眉村。そう、この試合にはもうひとつの勝負がかかっていた。寿也と眉村の新人王争いだ。シーズン途中からスタメン出場するようになった寿也だが、規定打数をクリアして3割を打っており、次に勝てば10勝目の眉村と、どちらが新人王を取るかは微妙なところなのだ。そして決戦が始まった。初回から全開で好投を続ける眉村。一方の寿也は……。

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第22話 運命の1球

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第22話 運命の1球

手にデッドボールを受けてしまった吾郎。だが、ここで降板するわけにはいかないと、吾郎は「グリップに当たった」と嘘をついて1塁へ。しかし、この回は結局無得点に終わった。その裏。手を痛めている吾郎はコントロールが定まらない。続けて四球を出してしまい、ランナー1、2塁でまたギブソン・ジュニアが打席に。本当は手に当たっていたことを知ったナインは交代をすすめるが、吾郎はジュニアに勝つまでは降板しないと言い張る。だが、ジュニアに対してもボール球が続いてしまい、追いつめられた吾郎。そのとき、スタンドから聞こえた声は……。

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第21話 波乱の幕開け

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第21話 波乱の幕開け

プレーオフ決勝、メンフィス・バッツ対オクラホマ・ファルコンズの1回戦。吾郎、ギブソン・ジュニアは、ともに前夜の賭けを意識し、燃えていた。そして試合が始まった。バッツの先発、ウィルソンは好調で、1番、2番バッターを打ち取った。だが、3番のギブソン・ジュニアに、低めの決め球を打たれてしまったため、そのまま意気消沈して大量失点してしまう。カーター監督はやむなくピッチャーを交代させるが、代わった投手・スペンサーが打球を足に受けてしまい、すぐに降板。困った監督に向かってアピールした吾郎が、初回から登板することに……はたして吾郎は、このピンチをしのげるのか?

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第20話 出て行け!

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第20話 出て行け!

メジャー昇格の切符を捨てて、プレーオフのシャークス戦に登板した吾郎。吾郎の活躍もあって、メンフィス・バッツは、プレーオフ決勝のファルコンズ戦へと駒を進める。決勝は、先に4勝したほうがリーグ優勝となる。そしてファルコンズには、春先にあの最悪の出会いをした相手、ギブソン・ジュニアがいた。そのギブソン・ジュニアのほうも、吾郎とは違う理由から、吾郎=本田ジュニアを「完全にたたきつぶしてやる」と燃えていた。敵地・オクラホマに乗り込んだメンフィス・バッツの選手たち。いよいよ明日から決戦という、その前夜。突然、意外な人物が吾郎を訪ねてきた……。


posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第19話  ケジメ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第19話  ケジメ

みごと、地区優勝を果たしたメンフィス・バッツ。いよいよリーグ優勝をかけたプレーオフ、というところで、吾郎やキーンたち6人の選手は、カーター監督に呼び出された。
なんと、彼ら6人は翌日からメジャーに昇格が決まったというのだ! 喜ぶ面々の中で、吾郎だけは表情がさえない。吾郎は、主力メンバーが6人も抜けたあと、バッツがプレーオフをまともに戦えないのではないか、と心配していた。
サンダースは「残ったメンバーで優勝するさ」と言うが、どうしてもスッキリと昇格を喜べない吾郎。そのとき、テレビのスポーツニュースを見て自分の気持ちに気付いた吾郎は、ある決断をする……。

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第18話  アリスの夢 みんなの夢

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第18話  アリスの夢 みんなの夢

メンフィス・バッツ15年ぶりの地区優勝まで、あと1勝。そんな中、アリスは、祖父でバッツのオーナー、トムを見舞いに病院へ来ていた。アリスの成長をよろこぶトムに、早く元気になって、いっしょにバッツの経営をしてほしいと言うアリス。だが、バッツはこの日も地元・メンフィスでの試合に負けてしまい、優勝はおあずけ。その夜、トムの容態が急変し、アリスは病院に駆けつける。そこにはアリスの両親も来ていた。実は、トムの容態がかなり悪いことを知らされるアリス。そして両親は、トムの治療のために「みんなでニューヨークに移ろう」と言う。さらに、バッツ球団を売却する話も進んでいると知り、アリスはショックを受ける……。

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第17話  目指すべきもの

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第17話  目指すべきもの

サンチェスから言われた「力」を身につけるため、ずっと練習を続けてきた吾郎。だが、なかなか成果はあがらず、特に最近は、救援に失敗してばかり。夜遅くまで練習を続けている吾郎を見て、気分転換にと、ドライブに誘うロイとケロッグ。日本では、清水がソフトボールひと筋の生活を送っていた。同じソフト部の友人たちは、吾郎との微妙な関係以外は恋愛話ひとつない清水のことを心配し、ないしょで集団デートの計画を立てる。同じころ、ドライブのついでにメジャーリーグのホーネッツ対タイタンズ戦を見に来た吾郎。ひさしぶりの試合観戦を素直に楽しんでいたが、タイタンズのピッチャーを知って……!?

posted by major | あらすじ

メジャー NHKアニメ、第4シリーズ第16話 ムカつく

第16話 ムカつく

 夏の高校野球大会の季節。キャプテン・清水大河がひきいる聖秀高校野球部は、1回戦を突破していた。 2回戦の相手は、かつて吾郎たちが練習試合を戦った、強豪・帝仁高校。だが、試合はあさってだというのに、エース・渋谷をはじめとする1年生部員たちが、ランニングから戻ってこない……。あの海堂戦での吾郎の投球にあこがれて聖秀に入学した渋谷たちは、細かいプレーばかり練習している大河の方針に幻滅していたのだ。いつも生意気な渋谷の態度が気にくわない大河は、1年生たちの不満を聞くと、試合の日まで自主練習にすると言い渡して帰ってしまう……。

posted by major | Comment(0) | あらすじ

メジャー、NHKアニメ、第4シリーズ第15話 ヒーロー

第15話  ヒーロー 4月12日(土)午後6時〜

キーンのリードの効果もあり、好調が続くバッツ。ただひとりサンダースだけは、出番がなくなってしまっていた。そんなある日、キーンが自打球を足に当ててしまい、久しぶりにサンダースが先発出場することに。だが、バッティングは散々な結果、さらに守備でも一瞬のちゅうちょから、サヨナラ負けの原因を作ってしまう。カーター監督に「マイナー選手が闘志を無くしたら終わりだぞ」と言われたサンダースは、この遠征を最後に引退する決意をする。それを知った吾郎に、サンダースは、自分が妻や5歳の息子をずっと放ったまま野球を続けてきたことを話し、「父親に戻るときが来た」のだと言う。だが、納得できない吾郎は……。

posted by major | Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ

メジャー、NHKアニメ、第4シリーズ第12話 嘘つき

第12話  嘘つき! 3月22日(土)午後6時〜

 メンフィス・バッツはロード(遠征)12連戦で9勝3敗、東地区2位に上がる。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに着実に伝わりはじめた。
 同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。といっても、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は、同じ1年生でもレギュラー扱いを受けている。
 ある日、リトルリーグの三船ドルフィンズが練習しているのを見かける小森。安藤監督と久しぶりに会い、今年のドルフィンズは選手のレベルが高いことを知る。特に、ピッチャーの信二はいい球を投げていた。その場で安藤監督から「もうすぐレギュラー入りする」と紹介されてしまい、子供たちの視線を受けた小森は困惑するが……。

posted by major | あらすじ

メジャー、NHKアニメ、第4シリーズ第11話 狙ってみるか

第11話  狙ってみるか 3月15日(土)午後6時〜 

トリプルAでリーグ優勝を目指すため、メンフィス・バッツの選手の意識改革をしようと決意した吾郎。だが、開幕戦のあと負けが続き、チームは最下位に落ちてしまう。だいたいカーター監督からしてチームの現状に対する危機感がないので、サンダースがどんなに言ってもききめがない。
そんなある日のバイパース戦。同点で迎えた9回、せっかくのチャンスを、ケロッグやバトラーの判断ミスで無得点のまま終わらせてしまう。それを見ていた吾郎は、同点にもかかわらず志願してマウンドに立った。気迫のピッチングで連続三振を奪い、3人目のバッターも打ち取ったかと思われた、そのとき――。

posted by major | Comment(0) | あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。